IncrementP MP WORLD+

法人向けサービス お問い合わせ
TOP > デジタル地図入門 > スケジュール帳+地図サービス?MapFanのプランニング機能、『おでかけプラン』
2019.11.28

スケジュール帳+地図サービス?MapFanのプランニング機能、『おでかけプラン』

今使っているスケジュールアプリと地図サービスを連動できたら便利なのに・・・。そんなことを考えたことはないでしょうか。
予定の度にスケジュールアプリを確認して、住所やスポットを地図アプリで検索。わざわざ別のアプリを起動するのは面倒ですよね。さらにビジネスの用事であれば、ビルに着いてからインターネットでオフィスの階数を検索。エレベーターを上れば、今度は名刺を探して担当者の電話番号を見つける。外出の度にこれを繰り返すのは、とても大変。

そんな方にオススメしたいのが、外出予定を効率化できる地図のWebサービスMapFan。今回はその便利な機能の1つである『おでかけプラン』をご紹介します!

MapFanのプランニング機能『おでかけプラン』

『おでかけプラン』は、 スケジュールと訪問場所をまとめて管理できる機能です。訪問場所や到着時間、滞在時間を設定するたけで訪問ルートやスケジュールを自動で作成してくれます。そして最大2日間のプランを作成し、WEB上で保存することができます。

この機能を使えば、車で何か所かの場所を訪問するスケジュールを効率よく立てられます。
例えば、『おでかけプラン』の名前の通り、次の週末のトライブの予定を組むにはピッタリです。行きたい場所と、それぞれの到着時間・滞在時間を設定すれば、『おでかけプラン』が要望通りのルートとプランを組んでくれます。実際の走行を想定したプランを作成し現実的に無理なスケジュールにはダメだしをされるため、自分で移動時間を計算する必要もありません。

また、それぞれの予定のピンの色を変えることで、時間が固定された予定と時間に融通がきく予定とを設定できます。
ピンがデフォルトの赤色の時は、時間が固定された予定に。ピンを灰色にすると、時間に融通がきく予定としてプランが組まれます。レストランの予約などは赤色のピンで。時間に融通がきくショッピングなどは灰色のピンで。ちょうど良い時間を自動でプランニングしてもらいましょう。

さらに、それぞれの予定にはメモも書き込めます。予約メールの文章やURLなど必要な情報を記載しておくと、いちいちメールで確認したりしなくていいため便利ですね。また、この『おでかけプラン』はGoogleカレンダーと連携していて、1度認証すればお手持ちのGoogleカレンダーにも自動で取り込まれるのでさらに便利。営業の訪問先ならば、企業・担当者の名前や電話番号、オフィスの階数なども入れておいた方がいいかもしれません。メモは2,000文字まで書き込めるので、文字数の心配もいりません。

1つの予定で最大2日間の予定を組めるため、1泊2日の旅行にも使えます。登録できる経由箇所はカーナビへの転送時の制限があり、1プラン5か所となりますので、たくさんの場所を経由する場合は日付や時間で分けてプランを作成するのがオススメです。

このように、プランの作成、予定表、ルート検索を含めた地図サービス。これら全ての機能を備えているのが、MapFanの『おでかけプラン』機能です。自分で予定表を作ろうとすると大変ですが、これなら簡単です!さらに、LINEやメールで共有することもできます。一緒にお出かけする人や同僚と予定をシェアしてはいかがでしょうか。

MapFanの『おでかけプラン』を使ってプランを作り移動時間を効率的に使うことで、やりたいことに時間をかけられます。外出をより楽しく、より充実したものにしてください!

MapFan『おでかけプラン』×ビジネス:1泊2日の大阪出張の、予定管理

MapFan『おでかけプラン』を利用すれば、1日の移動を流れの中で管理できます。休日の「おでかけ」だけではなく、日々の業務でも、スケジュール管理ツールとして活用してください。多忙で予定が管理しきれないビジネスパーソンにこそオススメしたい機能です。まるであなたの秘書のように1日の流れを把握し、次の行き先、行動や予定時間を教えてくれます。今回は、「1泊2日の大阪出張に行くビジネスパーソン」の例で、MapFan『おでかけプラン』の使い方を見てみましょう!

・ポイント1:訪問箇所をリストアップ(ブックマーク)
・ポイント2:日付を選択して、プランを作成、予想滞在時間を設定
・ポイント3:移動時間・ルートの計算→予定の確定

――ポイント1:訪問箇所をリストアップ(ブックマーク)――

今回の出張では、2日間で5箇所を回らないといけません。全ての場所を入れてブックマークしておきます。また、大阪支社の住所もブックマークしておきます。出張中は訪問先とこの支社を行ったり来たりします。
それから密かにチェックしていたお好み焼きさんも、忘れずにブックマークしました。

――ポイント2:日付を選択して、プランを作成、予想滞在時間を設定――

訪問したい場所をブックマークできたら、プランに出張の日付を選択しておでかけプランを作成しましょう。今回は仮に、11月28日(木)に設定してみましょう。カレンダー上で日付を選択できるのでわかりやすいですね。

プラン名も「大阪出張1日目 – 11月28日(木)」と、わかりやすく変更しておきましょうか。

日付を設定できたら、次はそれぞれの予定を落とし込んでいきます。訪問箇所はブックマークしてあるので、すぐに引っ張ってこれますね。アポイントの時間に合わせて、予定開始時刻と予定滞在時間を入れていきます(「滞在時間なし」も可能)。
アポイントなど、時間が決まっている予定は赤いピンで留め、ランチなど時間に融通がきく予定は灰色のピンにしましょう。

――ポイント3:移動時間・ルートの計算→予定の確定――

全ての予定を順番通りに入れたら、「ルート計算」を押します。すると自動でルート、プランが作成されます。
全てを時間通りに回ることが難しい場合は、「指定時間に到着不可能」と出ます。でも大丈夫!「おまかせ計算」を押せば、出発時間を逆算してサジェストしてくれます。

ルートが出たら、「おでかけプランを保存」するのを忘れずに。

あとは当日、プランに沿って行動するだけ。まるであなただけのコンシェルジュ。MapFanが予定、行き先、ルートを管理します。これで大阪出張もバッチリですね。

今回はMapFanの機能『おでかけプラン』を、1泊2日の大阪出張の例を使ってご紹介しました。
休日の「おでかけ」はもちろん、ビジネスの場面でも予定管理ツールとして活用できる機能です。あなたも『おでかけプラン』で、あらゆる外出を楽しく効率的にしてみては?

ご紹介したMapFanサービスは 地図API「MapFan API」を使ったサービスサイトです。このようにインクリメントPでは、自社サービス「MapFan」のほかに法人向け地図製品の開発・販売も行なっております。自社で整備した高精度・高鮮度なデジタル地図を、カーナビや位置情報を使ったシステム向けに展開しております。
今持っているデータを地図上に見える化すると課題点が見えてきます。位置情報と使った業務効率化にMapFanを使ってみませんか?

動態管理、顧客管理、観光案内、ジオコーディング(住所データを位置情報に変換すること)など、御社の課題をインクリメントPのデジタル地図が解決できるかもしれません。

 

地図API MapFan APIのお問い合わせは こちら>

地図API MapFan APIの詳細は こちら>

MapFan API 仕様書ダウンロードはこちら>

関連サービス

関連記事