災害対応情報共有サービス

災害情報の把握・管理から情報配信まで
効率的で漏れのない情報共有が可能

災害時に住民から寄せられる、たくさんの連絡や苦情に対応し切れないことで、正しい意思決定や初動対処が遅れてしまうと深刻な事態を招きかねませんが、アルカディア製「SpeeCAN Timeline(スピーキャン・タイムライン)」を活用することで、災害発生場所を地図にプロットし、その場所に対してチャットルームを立ち上げ、そこに集まる情報を一元管理、関係者で同一の情報を共有できるので、迅速な対応が可能となります!

speecan timeline

特長

地図上に紐づけ
1地図上に紐づけ
地図上に地点情報・領域情報を表示し、その地点毎に災害情報や写真・動画・ドキュメント類などを紐付けすることが可能です。
チャットでの情報共有
2チャットでの情報共有
災害現場の職員と本部との間で、チャットでの情報共有(地点情報、災害状況の写真、動画、ドキュメント類などの添付)が可能。時系列的(Timeline)に行動履歴が残り、報告や将来の災害対策に役立ちます。
端末に左右されず共有
3端末に左右されず共有
"ASPサービスのため、PC、スマホ、モバイル端末によらず、同じ情報が閲覧、共有できます。 例えば、災害現場の職員がモバイル端末から登録した写真や動画などの地点情報を、Timelineサービスにログインした職員が居場所を問わず閲覧することができます。

利用シーン

機能一覧

主な機能

地図による情報管理 把握した情報を地図上にマークし、地点の情報を視覚的にわかりやすく管理することができます。
スマートフォンのGPS位置情報により災害地点を簡単に登録することが可能です。
また、写真や動画などを地点情報に関連付けてのアップロードすることもできます。
チャットによる情報共有 地図にプロットした災害地点についてチャットで情報共有することができます。
災害対策本部などチャット・ルームをあらかじめきめられたメンバーで作成することが可能です。
チャットした内容は時系列にそってCSVファイルとして出力することができるので報告書の作成に便利です。
情報のプッシュ配信 タイムライン上に集約した情報をスマートフォン用防災アプリ「Hazardon(ハザードン)」へプッシュ配信することができます。
河川が氾濫した場合などには浸水域や道路封鎖の状況など地図上に配信することが可能です。
また、避難所の開閉や臨時の避難所の情報なども地図上でわかりやすく表示することができます。
ドキュメント管理 各地点に関連する写真、動画、ドキュメント類を管理することができます。
Word、Excel、PDFなどの資料も、事象ごとに関連付けて整理することで災害対応だけでなく、日常業務にも活用していただけます。
さらに、各種のファイルは、ブラウザ上でプレビューすることができるので、セキュリティ・クラウドの影響を軽減します。

お問い合わせ

資料請求や説明のご依頼は、
お電話または
フォームより
お気軽にご連絡ください。

法人専用窓口 (東京)
03-6629-4812
       (大阪)
06-7222-3112

受付時間 9:30~12:00/13:00~17:30